Wi-Fiとは?

Wi-Fiって、ナニ?最近、テレビや街中でよく見聞きする「Wi-Fi」という言葉。いったい、どんなもので何をすることができるのでしょうか?また、Wi-Fiを使うには、何を用意すればいいのでしょうか。

Wi-Fiとは?

Wi-Fi』とは、無線でネットワークに接続する技術です。読み方は「ワイファイ」。似た用語に「無線LAN」がありますが、ほぼ同じ意味ととらえても問題ありません

LAN」とは、ローカルエリアネットワーク(Local Area Network)の略称。同じ建物の中など、比較的せまい範囲内にある機器の間で、データのやりとりをするネットワークです。つまり、無線LAN(Wi-Fi)を使えば、ワイヤレス(無線)でデータを送受信することができるというわけです。

厳密に言うと、「無線LAN」=「Wi-Fi」ではありません。「Wi-Fi」とは、いわば”ブランド名”です。無線LANに対応した製品のうち、異なるメーカーの製品同士で互換性が認められたもの(無線LANにつながるもの)だけが、「Wi-Fi対応」と名乗ることができます。

Wi-Fi対応機器の見分け方

”互換性テスト”に合格したWi-Fi対応機器には、下図のようなマーク(ロゴ)を表示することが認められています。

11wifi

Wi-Fiを利用するために、必要なものって?

Wi-Fiを使うために必要なものを挙げてみます。

Wi-Fiを使うために必要なもの
  • 親機
  • 子機
  • インターネット回線

Wi-Fiでは、「アクセスポイント」と呼ばれる中継地点を介して、さまざまな機器を接続できます。このアクセスポイントの役割を果たすものを、「親機」といいます。

Wi-Fiを使うために必要なもの
Wi-Fiを使うために必要なもの

Wi-Fiの親機として一般家庭でもよく利用されるのが、「Wi-Fiルーター」です。「無線LANルーター」とも呼ばれます。Wi-Fiルーターは、家電量販店で購入できるほか、インターネット回線事業者からレンタルされることもあります。

Wi-Fiルーターの購入前にはWi-Fiルーターの選び方を、Wi-Fiルーターの設置方法はWi-Fiルーター設置の基本を参考にしてください。

親機に対する「子機」とは、PC(パソコン)・スマートフォン・タブレット・プリンタ・ゲーム機・テレビ・レコーダーなどの端末です。また、これら子機でインターネットを利用するには、インターネット回線の契約をしなければなりません。

インターネットの契約は、家電量販店などで申込ができます。ケーブルテレビを利用しているなら、オプション(要・別料金)でインターネットの契約ができる場合があります。また、インターネット回線がすでに用意されているマンション等もあります。

Wi-Fiを使うと、ただ無線でインターネットにつながるということだけではなく、対応機器どうしを接続することもできます。例えば、リビングにあるレコーダーで録画した映像を、寝室のパソコンで視聴するといったこともできるのです。

Wi-Fiルーターなどの親機を用意することなく、子機どうしを直接Wi-Fi接続できる「Wi-Fi Direct」という機能を備えた機器もあります。

Wi-Fiを利用するメリットとは?

Wi-Fiを使うことで、接続用のケーブルを減らすことができます。見た目にもスッキリしますし、電波の届くところであれば好きな場所に端末を設置することができます。

また、屋外でも、「モバイルWi-Fiルーター」や「公衆無線LANサービス」を利用することで、高速インターネットを楽しむこともできます。

スマホやタブレットでインターネットに接続する際に「LTE」などの携帯回線を利用する場合、月々の通信量が上限を超えると通信速度が制限されてしまいますが、Wi-Fiならそのような心配もありません。携帯回線とWi-Fiを上手く併用することで、通信費の節約にもつながります。


このように、私たちの生活にとても身近になったWi-Fi。「なんだか、接続とか設定とかがややこしそう。」というイメージを持たれているかもしれませんが、決してそんなに難しくはありません。最近のWi-Fi機器は、ボタン1つで接続・設定ができる自動接続機能を搭載したものも増えてきています。

Wi-Fiの基本的な仕組みセキュリティ対策の方法などを理解し、どんどん活用しましょう。具体的な活用方法については、Wi-Fiの活用術カテゴリ内でいろいろと紹介しています。

関連ページ

2015年4月1日