Windows 10 パソコンのWi-Fi設定を図解でわかりやすく

Windows 10 を搭載したパソコンWi-Fiを利用するための、設定方法を紹介します。WPS(簡易接続機能)を使えば、わずらわしい入力作業不要で簡単に接続設定をすることができます。このページでは、Windows 10 パソコンのWi-Fi設定手順について、図解入りでくわしく解説します。

Windows 10 搭載のパソコンをWi-Fiに繋ぐための設定をしよう

Windows 10 を搭載したパソコンを使用していて、ご自宅にWi-Fi環境があるのなら、パソコンをWi-Fiに接続してみましょう。

パソコンをWi-Fiに接続してインターネットを楽しむには、Wi-Fiルーターがインターネット回線につながっていなければなりません。Wi-Fi環境を構築する方法については、Wi-Fiとはをご覧ください

Windows 10 でWi-Fi設定するための2つの方法

Windows 10 のパソコンをWi-Fiに接続するための方法として、次の2つを紹介します。

  1. WPS(簡易接続機能)を利用する
  2. SSIDを選択し、パスワードを入力する

Windows 10 でWi-Fi設定をする前に

このあと紹介するWi-Fi設定作業に入る前に、次のことについて確認しておきましょう。

  • 「WPS」とは
  • 「SSID」・「パスワード」とは
「WPS」とは
Wi-FiルーターとWi-Fi端末(パソコン・スマートフォン・タブレットなど)をボタン1つで簡単に接続設定することができる仕組みです。この仕組みを利用するには、ルーター・パソコンともにWPSに対応していなければなりません。

通常のWi-Fi設定では、この後に紹介するSSIDの選択・パスワードの入力が必要です。しかしWPS対応の場合は、Wi-FiルーターのWPSボタンを押すだけで簡単にWi-Fi設定をすることができます。

Wi-Fiルーターのメーカー・機種によっては、「WPSボタン」の名称が異なる場合があります。例えば、

  • NEC製ルーター(Atermシリーズ) → 「らくらくスタートボタン」
  • バッファロー製ルーター(AirStationシリーズ) → 「AOSSボタン」

がWPSボタンの機能を兼ねている場合が多いです。

「SSID」・「パスワード」とは

SSIDとは、ネットワークを識別するための文字列です。パスワード(暗号化キー)の入力は、そのネットワークでの通信を暗号化するために必要です。くわしくは、下記ページをご覧ください。

SSID(ネットワーク名)とパスワード(暗号化キー)は、通常、Wi-Fiルーターの側面や底面に記載されています。

SSIDとパスワードの記載例
SSIDとパスワードの記載例

また、ご自身でSSIDやパスワードを変更している場合は、変更後のものを用意してください。


ここからはWindows 10 のWi-Fi設定方法をくわしく紹介していきますが、WPS(簡易接続機能)を使えるか使えないかによって手順が異なります。

WPS機能が使える機種の場合
設定作業の途中で、SSIDを選択する必要があります。接続したいSSIDを事前に確認した上で、1.WPS(簡易接続機能)を利用するへ進んでください。
WPS機能が使えない機種の場合
接続したいSSIDとパスワードを事前に確認した上で、2.SSIDを選択し、パスワードを入力するへ進んでください。

1.WPS(簡易接続機能)を利用する

WPS機能を使用してWindows 10 のパソコンをWi-Fiに接続する設定は、基本的に次の手順で行います。

Windows 10 の「WPS機能」によるWi-Fi設定手順
  1. [利用できるネットワーク]を表示する
  2. SSIDを選択する
  3. Wi-Fiルーターの[WPSボタン]を押す
  4. Wi-Fiに接続できているか確認する

1.[利用できるネットワーク]を表示する

画面右下のネットワークアイコンネットワークアイコン Wi-Fiオフをクリックします。

Windows 10 デスクトップ画面右下のネットワークアイコンをクリック

もしネットワークアイコンが見当たらない場合は、インジケーター表示ボタンをクリックしてみてください。

Windows 10 インジケーター表示ボタン

Wi-Fiボタンをクリックして、Wi-Fi機能をオンにします。

Windows 10 アクションセンター Wi-Fiボタン オフ

2.SSIDを選択する

パソコンの周辺にあるネットワークの名前(SSID)の一覧が表示されます。事前に確認しておいたSSIDを選択し、[接続]をクリックします

Windows 10 SSIDを選択し、[接続]をクリック
[自動的に接続]にチェックを入れておくと、次回からは自動的にWi-Fiに接続されます。

3.Wi-Fiルーターの[WPSボタン]を押す

「ルーターのボタンを押して接続することもできます」と表示されたら、ルーターの[WPS]ボタン(機種によってはらくらくスタートボタン・AOSSボタン)長押しします。

ルーターのボタンを押して接続することもできます

長押しする時間は、機種によって異なります。通常、ルーターの前面などにあるランプが点滅するまで押し続けます。

ルーターの前面などにあるランプが点滅するまでWPSボタンを長押し

4.Wi-Fiに接続できているか確認する

接続が完了すると、SSIDの下に「接続済み、セキュリティ保護あり」と表示されます。

Windows 10 Wi-Fi 接続済み、セキュリティ保護あり

Windows 10 のWi-Fi設定 よくある質問

2.SSIDを選択し、パスワードを入力する

SSIDの選択・パスワードの入力によってWindows 10 のパソコンをWi-Fiに接続する設定は、基本的に次の手順で行います。

Windows 10 の「SSIDの選択・パスワードの入力」によるWi-Fi設定手順
  1. [利用できるネットワーク]を表示する
  2. SSIDを選択する
  3. パスワードを入力する
  4. Wi-Fiに接続できているか確認する

1.[利用できるネットワーク]を表示する

画面右下のネットワークアイコンネットワークアイコン Wi-Fiオフをクリックします。

Windows 10 デスクトップ画面右下のネットワークアイコンをクリック

もしネットワークアイコンが見当たらない場合は、インジケーター表示ボタンをクリックしてみてください。

Windows 10 インジケーター表示ボタン

Wi-Fiボタンをクリックして、Wi-Fi機能をオンにします。

Windows 10 アクションセンター Wi-Fiボタン オフ

2.SSIDを選択する

パソコンの周辺にあるネットワークの名前(SSID)の一覧が表示されます。事前に確認しておいたSSIDを選択し、[接続]をクリックします

Windows 10 SSIDを選択し、[接続]をクリック
[自動的に接続]にチェックを入れておくと、次回からは自動的にWi-Fiに接続されます。

3.パスワードを入力する

事前に確認しておいたパスワードを入力し、[次へ]をクリックします。

Windows 10 Wi-Fi パスワード入力

4.Wi-Fiに接続できているか確認する

接続が完了すると、SSIDの下に「接続済み、セキュリティ保護あり」と表示されます。

Windows 10 Wi-Fi 接続済み、セキュリティ保護あり

Windows 10 のWi-Fi設定 よくある質問

どのSSIDを選べばいいの?

Wi-Fiルーターの機種によっては、複数のSSIDを利用できます。この機能を、マルチSSIDといいます。

マルチSSID機能により、ネットワークごとにセキュリティ方式や通信規格(11ac、11nなど)が分かれているのが一般的です。

もし、あなたのパソコンが、現状で最も高速な通信規格「11ac」に対応しているのなら、基本的には11acが利用できるネットワークのSSIDを選ぶことをおすすめします。ただ、11acは障害物に弱いため、場合によっては11nでの通信を試してみるといいでしょう。

接続したいSSIDが表示されないのですが?

SSIDが表示されない主な原因として、次の3つがあります。

  1. Wi-Fiルーターの電源が入っていない
  2. Wi-Fiルーターの電波が届いていない
  3. Wi-Fiルーターの設定が「ステルスモード」になっている

上記1や2への対策で解決しない場合は、Wi-Fiルーターの設定が「ステルスモード」になっている可能性があります。

ステルスモードとは、SSIDを非表示にするための機能です。くわしくは、Wi-FiルーターのSSIDを隠すをご覧ください。

この場合、SSIDを手動で入力することができます。入力は、[コントロール パネル]>[ネットワークとインターネット]>[ネットワークと共有センター]>[新しい接続またはネットワークのセットアップ]から行うことができます。くわしくは、下記ページを参考にしてください。

Wi-Fi接続をオフにするには?

画面右下のネットワークアイコンネットワークアイコン Wi-Fiオンをクリックします。

Windows 10 デスクトップ画面右下のネットワークアイコンをクリック

次の手順は、以下の目的によって作業内容が異なります。

  1. 接続中のネットワークを切断する場合
  2. Wi-Fi機能を完全にオフにする場合

接続中のネットワークを切断する場合

SSIDを選択し、[切断]ボタンをクリックします。

Windows 10 接続中のネットワークを切断する
このとき、他に「自動的に接続されるネットワーク」があれば、そのネットワークとの接続に切り替わります。

Wi-Fi機能を完全にオフにする場合

Wi-Fiアイコンをクリックします。

Windows 10 Wi-Fiアイコンをクリックしオフにする

Wi-Fiアイコンが図のように変わると、Wi-Fi機能が完全にオフになります。

Windows 10 Wi-Fiアイコン オフの状態
このとき、Wi-Fi機能は完全に停止され、どのネットワークとも接続されなくなります。

Wi-Fi設定情報を削除するには?

画面右下のネットワークアイコンネットワークアイコン Wi-Fiオンをクリックします。

Windows 10 デスクトップ画面右下のネットワークアイコンをクリック

[ネットワークとインターネットの設定]をクリックします。

Windows 10 [ネットワークとインターネットの設定]をクリック

画面左側の[Wi-Fi]をクリックします。

Windows 10 [ネットワークとインターネットの設定]>[Wi-Fi]をクリック

[既知のネットワークの管理]をクリックします。

Windows 10 [既知のネットワークの管理]をクリック

Wi-Fi設定情報を削除したいSSIDをクリックして、[削除]ボタンをクリックします。

Windows 10 Wi-Fi設定情報の削除ボタン

Wi-Fiの自動接続を解除するには?

画面右下のネットワークアイコンネットワークアイコン Wi-Fiオンをクリックします。

Windows 10 デスクトップ画面右下のネットワークアイコンをクリック

Wi-Fiの自動接続を解除したいSSIDを選択し、[プロパティ]をクリックします。

Wi-Fiの自動接続を解除したいSSIDを選択し、[プロパティ]をクリック

「範囲内の場合は自動的に接続する」のスライドキーをクリックして、機能をオフにします。

「範囲内の場合は自動的に接続する」のスライドキーをクリックして、機能をオフに

Wi-Fiが繋がりにくいときの対処法は?

パソコンとWi-Fiルーターとの距離や障害物、電波干渉など、いくつかの原因が考えられます。くわしくは、下記ページを参考にしてください。

Windows 10 のWi-Fi設定 まとめ

Windows 10 のWi-Fi設定方法を紹介しました。オススメの方法は、「WPS」の利用です。簡易接続機能が使えない場合は、「SSIDの選択とパスワードの入力」が必要です。

一度Wi-Fiの設定をすれば、通常、2回目以降は自動接続されるので再び設定作業をする必要はありません。自動接続機能は、解除することもできます。

関連ページ