AndroidのWi-Fi設定を図解でわかりやすく

Androidを搭載したスマートフォンやタブレットでWi-Fiを利用するための、設定方法を紹介します。WPS(簡易接続機能)を使えば、わずらわしい入力作業不要で簡単に接続設定をすることができます。このページでは、AndroidのWi-Fi設定手順について、図解入りでくわしく解説します。

AndroidをWi-Fiに繋ぐための設定をしよう

Android スマートフォンや、LTEモデルのAndroid タブレットを使用していて、ご自宅にWi-Fi環境があるのなら、スマホやタブレットをWi-Fiに接続してみましょう。

LTEモデルのタブレットでは、携帯電話回線を使ってデータ通信ができます。一方、Wi-Fiモデルのタブレットには、携帯電話回線を使ってデータ通信ができる機能は備わっていません。
Wi-Fi環境の構築について知りたい方は、Wi-Fiとはをご覧ください。

Android スマートフォンやLTEモデルのAndroid タブレットでWi-Fiを利用すると、次のようなメリットがあります。

Android スマートフォンやタブレットでWi-Fiを使うメリット

  • モバイルデータ通信量を節約できる
  • 安定したインターネット接続ができる
  • 他のネットワーク機器と繋がる

これらのメリットについて、くわしくは下記ページをご覧ください。

AndroidでWi-Fi設定するための3つの方法

Android スマートフォンやタブレットをWi-Fiに接続するための方法として、次の3つを紹介します。

  1. WPS(簡易接続機能)を利用する
  2. SSIDを選択し、パスワードを入力する
  3. 専用アプリを利用する
ここからの解説は、Android バージョン 5.1.1のタブレットで検証したものです。ご利用環境によって、本文の内容と実際の画面が異なる場合があります。

1.WPS(簡易接続機能)を利用する

WPSとは、Wi-FiルーターとWi-Fi端末(スマートフォン・タブレット・パソコンなど)をボタン1つで簡単に接続設定することができる仕組みです。この仕組みを利用するには、ルーター・端末ともにWPSに対応していなければなりません。

通常のWi-Fi設定では、この後に紹介するSSIDの選択・パスワードの入力が必要です。しかしWPS対応の場合は、Wi-FiルーターのWPSボタンを押すだけで簡単にWi-Fi設定をすることができます。

Wi-Fiルーターのメーカー・機種によっては、「WPSボタン」の名称が異なる場合があります。例えば、

  • NEC製ルーター(Atermシリーズ) → 「らくらくスタートボタン」
  • バッファロー製ルーター(AirStationシリーズ) → 「AOSSボタン」

がWPSボタンの機能を兼ねている場合が多いです。

WPS機能が使えない機種の場合は、2.SSIDを選択し、パスワードを入力するを参考にしてください。

WPSを使用したWi-Fi設定手順

WPS機能を使用してAndroidスマホやタブレットをWi-Fiに接続する設定は、基本的に次の手順で行います。

Androidの「WPS機能」によるWi-Fi設定手順
  1. [設定]画面の[Wi-Fi]を開く
  2. [Wi-Fi詳細設定]画面を開く
  3. [WPS接続]を選択する
  4. Wi-Fiルーターの[WPSボタン]を押す
  5. Wi-Fiに接続できているか確認する
1.[設定]画面の[Wi-Fi]を開く

ホーム画面で設定アイコンをタップします。

Android ホーム画面の設定アイコン
[設定]画面の[Wi-Fi]をタップします。
Android[設定]画面の[Wi-Fi]をタップ

もし、Wi-Fi機能がオフになっていたらスライドキーAndroid スライドキー オフをタップして、

Android Wi-Fiがオフになっている状態

オンの状態にします。

Wi-Fiがオンになっている状態

SSIDの選択・パスワードの入力によるWi-Fi設定手順に戻る場合はこちら

2.[Wi-Fi詳細設定]画面を開く

画面下部の[メニュー]をタップして、

Wi-Fi設定画面のメニュー

[詳細設定]をタップします。

Wi-Fi設定画面の[詳細設定]をタップ
3.[WPS接続]を選択する

Wi-Fi詳細設定画面で、[WPS接続]をタップします。

Wi-Fi詳細設定画面で、[WPS接続]をタップ
4.Wi-Fiルーターの[WPSボタン]を押す

このようなメッセージが表示されたら、ルーターの[WPS]ボタン(機種によってはらくらくスタートボタン・AOSSボタン)長押しします。

ルーター[WPS]ボタン(機種によってはらくらくスタートボタン・AOSSボタン)の長押しを促すメッセージ

長押しする時間は、機種によって異なります。通常、ルーターの前面などにあるランプが点滅するまで押し続けます。

ルーターの前面などにあるランプが点滅するまでWPSボタンを長押し

「接続されました」とメッセージが表示されたら、[OK]をタップします。

「接続されました」とメッセージが表示されたら、[OK]をタップ

以上で、AndroidのWPS機能によるWi-Fi設定は完了です。

2.SSIDを選択し、パスワードを入力する

SSIDとは、ネットワークを識別するための文字列です。パスワード(暗号化キー)の入力は、そのネットワークでの通信を暗号化するために必要です。くわしくは、下記ページをご覧ください。

SSID(ネットワーク名)とパスワード(暗号化キー)は、通常、Wi-Fiルーターの側面や底面に記載されています。

SSIDとパスワードの記載例
SSIDとパスワードの記載例

また、ご自身でSSIDやパスワードを変更している場合は、変更後のものを用意してください。

SSIDの選択・パスワードの入力によるWi-Fi設定手順

SSIDの選択・パスワードの入力によってAndroidスマホやタブレットをWi-Fiに接続する設定は、基本的に次の手順で行います。

Androidの「SSIDの選択・パスワードの入力」によるWi-Fi設定手順
  1. [設定]画面の[Wi-Fi]を開く
  2. 接続するネットワークを選択する
  3. パスワードを入力する
  4. 接続できているか確認する
1.[設定]画面の[Wi-Fi]を開く

こちらの手順を参考にして、[設定]画面の[Wi-Fi]を開いてください。

2.SSIDを選択する

Wi-Fi機能がオンになると、「利用可能なネットワーク」として付近のアクセスポイントのSSID(ネットワーク名)が表示されます。事前に確認しておいたSSIDを選択します。

事前に確認しておいたSSIDを選択
Wi-Fiアイコンの横にある鍵マークは何?

一般的なWi-Fiルーターの場合、Wi-Fi アイコンの横などに鍵マークが表示されます。これは、パスワードによって暗号化され、安全に通信ができるネットワークであることを示しています。

Android Wi-Fi アイコンの横にある鍵マーク
3.パスワードを入力する

パスワードの入力を求められます。事前に確認しておいたパスワードを入力し、[接続]をタップします。

Android Wi-Fiパスワードを入力し、接続をタップ

入力したパスワードが間違っている場合

パスワードの入力を間違うと、SSIDの下に「パスワードは正しくありません」と表示されます。

再びSSIDをタップし、

Android Wi-Fi パスワードは正しくありません

[切断]をタップした後、2.SSIDを選択するの手順に戻ってやり直してください。

Android Wi-Fiパスワードエラー後、切断をタップ
4.接続できているか確認する

Wi-Fi接続設定が完了すると、SSIDの下に「接続済み」と表示されます。また、画面上部には、Wi-FiのアイコンAndroid 画面上部のWi-Fiアイコンが表示されます。

Android Wi-Fi設定が完了すると「接続済み」・Wi-Fiアイコンが表示される

3.専用アプリを利用する

Wi-Fiルーターの機種によっては、アプリなどを使ってWi-Fiの設定ができる場合があります。

例えば、Aterm(エーターム)製 Wi-Fiルーターの対象機種では、「らくらくQR スタート」という無料アプリを使ってWi-Fiの設定をすることができます。

AndroidのWi-Fi設定 よくある質問

どのSSIDを選べばいいの?

Wi-Fiルーターの機種によっては、複数のSSIDを利用できます。この機能を、マルチSSIDといいます。

マルチSSID機能により、ネットワークごとにセキュリティ方式や通信規格(11ac、11nなど)が分かれているのが一般的です。

もし、あなたのスマホやタブレットが、現状で最も高速な通信規格「11ac」に対応しているのなら、基本的には11acが利用できるネットワークのSSIDを選ぶことをおすすめします。ただ、11acは障害物に弱いため、場合によっては11nでの通信を試してみるといいでしょう。

非公開のネットワークに接続するには?

SSIDのステルスモードなどによってネットワーク名が表示されない場合は、SSIDを手動で入力することができます。

ステルスモードとは、SSIDを非表示にするための機能です。くわしくは、Wi-FiルーターのSSIDを隠すをご覧ください。

画面下部にある[ネットワークの追加]をタップします。

画面下部にある[ネットワークの追加]をタップ

[ネットワークSSID]にSSIDを入力します。続いてパスワードを入力するには、[セキュリティ]をタップします。

SSIDを入力し、[セキュリティ]をタップ

すると、暗号化の方式を選択する画面が表示されます。通常、[WPA/WPA2 PSK]を選択します。

[WPA/WPA2 PSK]を選択

すると、パスワードの入力フォームが表示されます。パスワードを入力して、[保存]をタップします。

パスワードの入力フォームが表示される

パスワードは毎回入力しなければならないの?

Wi-Fiの設定情報はAndroidが記憶しているため、パスワードの入力は基本的に一度だけで済みます。次回からは通信可能なエリアに入るだけで、自動的に接続されます。

AndroidのWi-Fi設定を削除するには?

Androidが記憶したWi-Fi設定情報は、削除することができます。

画面下部の[メニュー]をタップして、[保存済みネットワーク]をタップします。

画面下部の[メニュー]・[保存済みネットワーク]をタップ

保存済みネットワークの一覧で、Wi-Fi設定を削除したいSSIDをタップします。

保存済みネットワークの一覧で、Wi-Fi設定を削除したいSSIDをタップ

[切断]をタップします。

[切断]をタップ

Wi-Fiが繋がりにくいときの対処法は?

AndroidとWi-Fiルーターとの距離や障害物、電波干渉など、いくつかの原因が考えられます。くわしくは、下記ページを参考にしてください。

AndroidのWi-Fi設定 まとめ

AndroidのWi-Fi設定方法を紹介しました。オススメの方法は、「WPS」の利用です。簡易接続機能が使えない場合は、「SSIDの選択とパスワードの入力」が必要です。機種によっては、アプリを使った接続設定ができるWi-Fiルーターもあります。

一度Wi-Fiの設定をすれば、通常、2回目以降は自動接続されるので再び設定作業をする必要はありません。

Android スマートフォンやLTEモデルのタブレットをWi-Fiに繋ぐことで、通信量の節約や、安定したインターネット接続ができるようになります。

関連ページ