Wi-Fiルーターの役割

Wi-Fiルーターの役割について紹介します。Wi-Fiルーターは、ルーターの機能とアクセスポイントの機能を兼ね備えています。

Wi-Fiルーターの役割とは?

Wi-Fiとはで紹介したように、一般家庭やオフィスなどで無線LAN環境を構築するには、「Wi-Fiルーター」が必要です。Wi-Fiルーターにはどのような役割があるのでしょうか。

まずは、「ルーター」の役割について見ていきましょう。

ルーターの役割

ルーターの主な役割は、次の3つです。

  1. 複数の機器をインターネットに接続する
  2. IPアドレスを割り振る
  3. 不正アクセスを排除する

ルーターの役割①
複数の機器をインターネットに接続する

ルーターには、複数の機器を同時にインターネットに接続する役割があります。具体例をあげてみましょう。

1台のルーターに2台のパソコンをつながっていて、パソコンAからは動画サイトにアクセスし、パソコンBからオンラインゲームにアクセスしたとします。このとき、パソコンAには動画を見るためのデータを送り、パソコンBにはゲームをプレイするためのデータを送り届けなければなりません。

ルーターの役割① 複数の機器をインターネットに接続

このように、ルーターには要求されたデータをインターネットから各機器に送り届ける役割があります。

ルーターの役割②
IPアドレスを割り振る

IPアドレスとは、データを特定の機器に送るための「住所」のようなものです。ルーターには、ネットワーク内の各機器に対してIPアドレスを割り当てる機能があります。

ネットワーク内の各機器に対してIPアドレスを割り振る機能を、DHCP(Dynamic Host Configuration Protocol)サーバー機能といいます。

各機器にIPアドレスが割り当てられることにより、ネットワーク内でデータのやり取りができるようになります。

ルーターの役割③
不正アクセスを排除する

ルーターには、インターネットからの不正なアクセスを排除する機能があり、セキュリティの向上に役立ちます。

Wi-Fiルーターの役割

Wi-Fiルーターは、先ほど述べた「ルーターの役割」に加えて、「アクセスポイントの役割」も備えています。

アクセスポイントとは、ネットワーク内で中継地点の役目をする機器です。アクセスポイントとなるWi-Fiルーターは、「親機」と呼ばれることもあります。

Wi-Fi環境の構築例
Wi-Fi環境の構築例

くわしくは、下記ページを参考にしてください。

関連ページ