MACアドレスフィルタリングとは

MACアドレスフィルタリングは、Wi-Fiルーターに特定の機器のみを接続させることを目的とした機能です。Wi-Fiルーターの設定画面でMACアドレスを登録し、他の機器の接続を拒否します。

MACアドレスフィルタリングとは

MACアドレスフィルタリングは、Wi-Fiルーターで設定することができるセキュリティ機能のひとつです。

MACアドレスフィルタリング機能を搭載したWi-Fiルーターに限ります。

そもそも、MACアドレスとは何でしょうか。

MACアドレスとは

MACアドレスは、ネットワーク上で通信機器を識別するために割り当てられた番号のことです。有線LANや無線LAN(Wi-Fi)につながるパソコンやスマートフォン、タブレットなどの機器には、それぞれ個別の番号が与えられています。

MACアドレスは、下記のような12ケタの英数字で表されます。前半の6ケタはメーカー固有の番号で、後半の6ケタは機器固有の番号となっています。

MACアドレスの例
MACアドレスの例

例えば、家族全員が同じ機種のスマートフォンを使っていても、それぞれのMACアドレスは異なるわけです。

同じ機種でもMACアドレスは異なる例

MACアドレスの確認方法

機器の種類によって、確認方法が異なります。主な機器のMACアドレス確認方法については、下記ページ(外部サイト)を参照してください。

MACアドレスフィルタリングとは

MACアドレスフィルタリングは、Wi-Fiルーターに特定の機器のみを接続させることを目的とした機能です。Wi-Fiルーターの設定画面で接続したい機器のMACアドレスを登録して、その他のMACアドレスを持つ機器の接続を拒否します。

MACアドレスフィルタリングを設定してもセキュリティは完璧ではない

理論上は、この設定により外部からの接続はできないはずです。しかし、下記の記事にあるようにMACアドレスを“偽装”されてしまうと、不正なアクセスを受ける恐れもあります。

大切なのは、推測されにくい暗号化キーやより強度の高い暗号方式を利用することです。くわしくは、Wi-Fiのセキュリティをご覧ください。

MACアドレスフィルタリングの設定方法

MACアドレスフィルタリングの設定方法は、Wi-Fiルーターのメーカー・機種によって異なります。下記公式ページや取扱説明書などを参照してください。

MACアドレスフィルタリング設定後の注意点

MACアドレスフィルタリングを設定したあとに新たな機器をWi-Fi接続したいときは、その都度MACアドレスの登録作業が必要になります。

関連ページ