Wi-Fiを活用してスマートフォンの料金を節約する

スマートフォンでデータ通信する際にWi-Fiを活用することで、使用料の節約につながる場合があります。できるだけパケット通信量を減らして、料金プランの見直しをしてみましょう。

Wi-Fiにつなぐとスマホの料金を節約できる?

スマートフォンをWi-Fiにつなぐことで、なぜ料金の節約になるのでしょうか?このことを理解するために、まず基本的な料金プランの内容について見ておきましょう。

スマホの料金プランはパケット通信定額制が一般的

一般的なスマートフォンの契約プランでは、通信にかかるデータ量によって料金が異なります。ここで言う「データ量」とは、4GLTEなど携帯電話用のシステムを利用したときの通信(パケット通信)にかかるデータ量です。

例えば、ドコモのパケット通信定額サービス「パケットパック」では、ひとり向けの標準的なプランとしてデータMパックがあり、月額定額料は5,000円(税抜)です。これは、月々のパケット通信量が5GBまでであれば、定額の5,000円で利用できることを意味します。

ドコモ パケットパック 料金表
出典:パケットパック(データパック)| NTTドコモ

パケット通信量の追加には別料金がかかる

利用可能なパケット通信量を超えてしまうと通信制限がかけられ、通信速度が遅くなります。パケット通信量は追加することができますが、オプション料金が発生してしまいます。

パケット通信量を抑えると低料金プランに変更できる

反対に、月々のパケット通信量を2GBまでに抑えることができれば、データSパックに変更することで月額定額料を1,500円節約することができます。

データSパックに変更して料金節約

いずれにしても、なるべくパケット通信量を少なくすることが、スマホ料金の節約につながるわけです。

Wi-Fiを使ってパケット通信量を抑える

パケット通信量を少なくするために活用したいのが、Wi-Fiです。

スマートフォンをインターネットに接続するとき、常に4G/LTEを使うとパケット通信量をどんどん消費してしまいますが…

4G/LTEなど パケット通信量を消費

自宅ならWi-Fiルーターに接続し、外出先なら公衆無線LANを利用することで、パケット通信量を抑えることができます。

Wi-Fiでパケット通信量を節約

特に通信にかかるデータ量が大きい動画の視聴アプリ・音楽のダウンロードなどは、できるだけWi-Fiを活用してスマホの料金(パケット代)を節約しましょう。

関連ページ