Wi-Fiルーターの熱対策に使える冷却スタンド

Wi-Fiルーター熱対策に使える、冷却スタンドを紹介します。ルーターの発熱による故障や暴走を防ぐ効果が期待できます。

Wi-Fiルーターの熱対策、できていますか?

パソコンやスマホなどを使い続けていると、本体が熱くなっていることがありますよね。同じように、Wi-Fiルーターも発熱しやすい電子機器です。

特にWi-Fiルーターの場合は、1年じゅう電源を入れっぱなしだという人がほとんどではないでしょうか。

ルーターが熱くなると、どんな影響がある?

ルーターに熱がこもると、故障や熱暴走、速度低下や繋がりにくくなるなど通信トラブルの原因となることがあります。真夏の暑い時期はもちろん、暖房を使う冬場にも注意が必要です。

しかし、ルーターそのものにファンなどの冷却機能や排熱機能を備えた製品は、決して多くないようです。

Wi-Fiルーターの熱対策

ルーターの熱対策として気をつけたいのが、ルーターの置き場所です。できるだけ、風通しの良い場所に置くといいでしょう。

本棚やテレビ台などのわずかなすき間にしまいこんだり、他の機器と重ね置きしたりしていませんか?また、パソコンの近くに置いていると、ファンからの排気によって周囲の温度が上昇してしまうかもしれません。

しかし、Wi-Fiルーターは基本的にモデムと接続する機器なので、設置する場所が限られてしまいがちです。置き場所による熱対策が難しい場合は、ルーター用の冷却スタンドが便利です。

Wi-Fiルーター用 冷却スタンド


このスタンドはアルミ製で、冷却用のファンが備わっています。電源はUSBを使用していて、ルーターにUSBポートが付いている場合は接続して通電させることができます。

付属のポールをルーターの大きさに合わせてスタンドに差し込み、挟み込むようにルーターを置くだけ。このポールを取り外せば、ノートパソコン用の冷却ファンとしても利用できます。

ルーター冷却スタンド 発熱によるリスクを減らしてくれるUSBファン付きスタンド

関連ページ

2016年9月20日