Wi-Fiルーターのファームウェアを更新する

Wi-Fiルーターファームウェア更新する方法を紹介します。ファームウェアとは、Wi-Fiルーター本体を制御するために組み込まれたソフトウェアのことです。

Wi-Fiルーターのファームウェアを更新する

パソコンやスマートフォンなどWi-Fiに接続する機器(子機)のセキュリティには注意を払っても、「Wi-Fiルーター(親機)のセキュリティについては、あまり意識したことがない」という方も多いのではないでしょうか。

Wi-Fiルーターの安全性を高めるための重要な作業に、「ファームウェアの更新」があります。

ファームウェアとは

ファームウェアとは、Wi-Fiルーター本体を制御するために組み込まれたソフトウェアのことです。

ファームウェア更新が必要な理由

ファームウェアはソフトウェアである以上、何らかの脆弱性(セキュリティ上の弱点)が生じることがあります。このような不具合を修正したり、新たに機能を追加したりするためには、ファームウェアを更新しなければなりません。

ファームウェアは、Wi-Fiルーターの製造元であるメーカーが提供します。利用者である私たちは、何らかの方法で新しいファームウェアを入手し、それをWi-Fiルーターに適用する必要があります。

ファームウェアを更新するための主な方法は、次の3つです。

主なファームウェア更新方法
  1. 手動更新
  2. オンラインバージョンアップ
  3. 自動更新

ここからは、各方法の概略のみ紹介します。くわしい手順については機種により異なりますので、取扱説明書や各メーカーの公式ウェブサイトでご確認ください。

メーカーによっては、[2.オンラインバージョンアップ]と[3.自動更新]を同じものとして扱っている場合もあります。

ファームウェア更新方法①
手動更新

手動更新の主な手順は、次の通りです。

  1. 設定画面でファームウェアのバージョンを確認する
  2. 最新のファームウェアを確認/ダウンロードする
  3. ファイル(ダウンロードしたファームウェア)を指定し、更新する

1.設定画面でファームウェアのバージョンを確認する
Wi-Fiルーターの設定画面にアクセスし、現在適用されているファームウェアのバージョンを確認しておきます。

2.最新のファームウェアを確認/ダウンロードする
各メーカーの公式ウェブサイトにアクセスし、最新のファームウェアのバージョンを確認します。もしルーターに適用されているファームウェアが最新でない場合は、最新のファームウェアをダウンロードします。

多くの場合、ダウンロードしたファームウェアはZIP形式で圧縮されています。利用前に、解凍する必要があります。

3.ファイル(ダウンロードしたファームウェア)を指定し、更新する
ルーターの設定画面で[ファームウェア更新]関連のメニューを選択します。ローカルファイル(ダウンロードしたファームウェア)を指定して、ファームウェア更新を実行します。

Aterm WG2200HPのファームウェア更新画面
例)Aterm WG2200HPのファームウェア更新画面

ファームウェア更新方法②
オンラインバージョンアップ

オンラインバージョンアップは、方法①[手動更新]にあった最新のファームウェアのダウンロードを省略できる方法です。オンラインバージョンアップは、一部の機種で利用できます。

オンラインバージョンアップの手順
ルーターの設定画面で[ファームウェア更新]関連のメニューを選択します。[オンラインバージョンアップ]関連機能を実行します。

ファームウェア更新方法③
自動更新

Wi-Fiルーターの設定画面で、ファームウェアを自動的に更新するように設定する方法です。自動更新は、一部の機種で利用できます。

自動更新の手順
ルーターの設定画面で[ファームウェア更新]関連のメニューを選択します。[ファームウェア自動更新]関連機能で、更新方法や更新時刻などを設定します。

例えばバッファロー製の機種では、更新方法を以下から選択できます。

  • 重要な更新のみ行う
  • 常に最新版に更新する/全ての更新を行う
  • 更新せずに通知のみ行う/自動更新しない(通知のみ)
  • 更新しない/自動更新しない

ファームウェア更新の注意点

ファームウェアの更新中は、Wi-Fiルーターの電源をオフにしないでください。故障や不具合を発生する原因となります。

また、更新作業には一定の時間がかかります。また、通信が一時的に切断されることがあります。作業中はパソコンやスマートフォンなど子機の使用に影響を及ぼしますので、時間に余裕を持って実行してください。

Wi-Fiルーター設定内容のバックアップ

ファームウェア更新前に、Wi-Fiルーター設定内容のバックアップをとっておくとよいでしょう。万が一、ファームウェア更新によってルーターに不具合を生じたとしても、元の設定内容を復元できる可能性が高まります。

関連ページ

2018年6月8日