Wi-Fi電波強度の確認方法

Wi-Fi繋がりにくいときや通信が安定しないときは、電波強度をチェックしてみましょう。電波の状況を確認できる便利なアプリや無料ソフトがあります。

Wi-Fiの電波強度をチェックしよう

Wi-Fiが遅い原因と解決法で紹介したように、Wi-Fiの通信が不安定になってしまう原因として

  • Wi-Fiルーター(親機)との距離や障害物
  • 家電製品などによる電波干渉

があります。

なので、Wi-Fiルーターや家電製品などの設置場所を変えることで、Wi-Fiが繋がりやすくなるかもしれません。では、ルーターや家電製品などの最適な設置場所を見つけるには、どうすればよいでしょうか?

Wi-Fiの電波強度を測定できるアプリ・ソフト

これから紹介するアプリやソフトを利用すると、Wi-Fiの電波強度をリアルタイムで確認できます。これを見ながらルーターや家電製品の置き場所を微調整すれば、Wi-Fi接続により適した環境を作れます。

Android用アプリ「Wifi Analyzer」

Android(アンドロイド)を搭載したスマホやタブレットで使えるアプリ。電波強度の時間経過による変化をグラフで確認できます。他にも、[各チャンネルの使用状況]のグラフ化や、[特定のチャンネルの電波強度]のメーター表示など、豊富な機能を備えています。

「Wifi Analyzer」の使い方については、Wi-Fiの電波状況を確認できるアプリをご覧ください。

iOS用アプリ「Wi-Fi SweetSpots」

iPhoneやiPadで使えるアプリ。通信速度をリアルタイムで確認できるだけでなく、[測定値の保存]や[測定場所のメモ]などの機能も便利です。

Windows用ソフト・アプリ

Windowsのバージョンによって、利用できるソフト・アプリが異なります。

Windows8/7/Vista/XP用「WifiMonitor」
パソコン周辺のアクセスポイントの電波強度などを一覧表示します。
WifiMonitor – Project Group
Windows10用「WiFi Analyzer」
デスクトップ/モバイルPCだけでなく、Windows10を搭載したタブレット、携帯端末でも使えます。
WiFi Analyzer – Microsoft ストア

関連ページ

2016年9月14日